ますます苦しい時代になります、アパート経営

アパート経営をお考えの方必見!新しい賃貸の形

お電話からの資料請求・ご面談予約 052-693-5431

アパート経営の実情

供給過剰なアパート経営はますます深刻に!

「土地活用ができる!」「老後の私的年金に!」……アパートの賃貸経営に謳われるさまざまなメリット。しかし、その裏には厳しい現実が隠されています。アパート経営の実情は、今日の日本の社会問題と大きな関わりがあります。

アパート経営が厳しい理由

今後も「供給過剰」「需要低下」は進んでいく見込みが強いです!

日本は、いまや本格的な人口減少社会。2009年の日本の推計人口は1億2,716万人※1といわれており、2005年の1億2,778万人をピークに、年々減少※2しています。なかでも1970年代から少子化の影響で、特に年少人口が減少しており、つまりは将来のアパートの入居者が減るということを意味しています。

日本の少子化、人口減少は、アパート経営においてもっとも深刻です。今のところ、人口が増加する傾向は見込めないにも拘わらず、新築アパートはどんどん増加し、部屋を探す人(需要)と物件(供給)のバランスが崩れてきています。「確実に減っていく入居者の確保に、多くのオーナーが熾烈な競争を強いられる」、こんな状態がすでに賃貸業界では起こっているのです。実際、2009年現在の全国主要都市の空室率は、概算でも10%以上といわれており、増加傾向にあります。

なぜそれでも新築アパートが建つのか

理由は簡単です。それは、建築業者が建てることだけを最終目標にしているから。需要の有無に拘わらず、建築業者は利益を上げるために建て続けているのです。

  • ※1 国際連合「世界の人口推計(2008年度版)」より引用。
  • ※2 総務省統計局「平成17年国勢調査」より引用。

「需要低下」「供給過剰」これらを乗り越えるには……?アパート経営をお考えの方必見!新しい土地活用の形

PAGETOP

Copyright © アパート経営をお考えの方必見!新しい賃貸の形. All Rights Reserved.